重曹・酢・クエン酸が持つナチュラルパワー

重曹・酢・クエン酸が持つナチュラルパワー

お料理や掃除に使われる重曹。英語では「ベーキングソーダ」。炭酸水素ナトリウムとも呼ばれます。

人間の唾液には重曹が含まれており、口内菌が作り出す酸を中和させる作用があります。他にも、研磨作用、発砲作用、軟水作用などがあります。

また、お酢とクエン酸には溶解作用、洗浄作用、柔軟作用、抗菌作用などがあり、重曹と組み合わせることにより、より、お掃除に大活躍します。

今回は重曹、お酢、クエン酸それぞれの働きを詳しくご紹介していきます。

関連記事↓

「年末の大掃除に|重曹+酢で家じゅうピカピカに|」

「重曹でお掃除!|場所別活用方法~キッチン~|」

「重曹でお掃除!|場所別活用方法~洗面所・浴室・トイレ~|」

重曹の働き

最近では、コンビニエンスストアやスーパーなどで手軽に購入できる重曹。

掃除用外でも食品、薬など様々なところで大活躍します。粉の粒子が柔らかいため、素肌にやさしいのも嬉しいポイントです。

 

重曹 5kg【4300円以上で宅配便送料無料(北海道・沖縄以外)】

価格:1,183円
(2018/1/22 23:38時点)
感想(2482件)

マルフク 自然にやさしい重曹 お徳用 1kg

価格:295円
(2018/1/22 23:40時点)
感想(11件)

研磨作用

水溶性の結晶で出来ている重曹は水と合わせると角が取れて丸くなります。

丸い結晶が集まると凹凸が出来、研磨作用が働きます。

中和作用

重曹は弱アルカリ性で出来ています。

油汚れや臭いの原因である酸性のマイナス要因と結合して中和してくれます。

発砲作用

パンの膨らし粉として重曹が使われることもあります。

また、酢やクエン酸など酸性と併用すると中和して、発砲作用が起こります。

軟水パワー

重曹は、水に含まれているカルシウム、マグネシウムなどのミネラルを包み込み、柔らかくする作用があります。

効用

重曹は弱アルカリ性の汚れに適しており、油汚れ、手垢、水垢、ぬめり、におい、しみなどに効果があります。

酢の働き

酢には酢酸という成分が含まれています。

酢酸は水垢や鍋の焦げ、頑固な汚れなどに効果があります。

また、体内に取り込むと体液を弱アルカリ性にする働きがあり、血行促進、疲労回復にも期待できます。

「お酢の効果が凄い!酢酸菌パワーで健康に」

抗菌作用

菌の働きを抑える作用があります。

また、消臭作用もあるので、嫌なにおいなどに対して使用することもできます。

溶解作用

水を酸性にさせる水素イオンの働きにより、汚れを落す作用があります。

重曹と合わせて使えば、さらに効果アップ。

柔軟作用

酢には衣類を柔らかくする働きがあります。

その場合は原液から2~3倍に薄めて使用してください。

静電気防止

静電気を防止する働きがあるので、洗剤と一緒に入れ、衣類を洗うと効果があります。

また、引き締め作用もあるので、洗顔にも向いています。

効用

酢はアルカリ性の汚れに向いています。手垢、水垢、アンモニア臭、衣類の黄ばみなどに効果があります。

クエン酸の働き

クエン酸はレモンや梅干しなどに含まれている酸性成分です。

酢と同じく酸性で出来ているので、アルカリ性の汚れ落としに最適です。食品に含まれているので体に害はありません。

クエン酸(無水)1kg(食品添加物)【送料無料】クエン酸

価格:580円
(2018/1/22 23:42時点)
感想(496件)

無水クエン酸 5kg 【4300円以上で宅配便送料無料!】 食品添加物規格 純度99.5%以上 粉末 [02]

価格:2,100円
(2018/1/22 23:43時点)
感想(33件)

中和作用

アルカリ性が原因でできている汚れに対して効果を発揮します。

においを中和して、消臭する作用もあります。

溶解作用

水中のカルシウムが固まってできる頑固なこびりつきを溶かす作用があります。

金具類などに使用するのが適しています。

洗浄作用

洗面所のシンクや冷蔵庫に出来る水垢などの汚れを落す作用があります。

柔軟作用

洗濯物の柔軟作用があります。

また、衣類の黄ばみ防止にもなるので、とても便利なアイテムです。

効用

クエン酸はアルカリ性の汚れに適しており、水に溶ける特性があります。

手垢、水垢、アンモニア臭、衣類の黄ばみやシミなどに効果が期待できます。

重曹・酢・クエン酸の使い方

重曹・酢・クエン酸は使い分けることによって有効に活用することが出来ます。

重曹は粉末のまま使う、水に溶かして使う、ペーストにして使うの3つがあります。

詳しい作り方は→こちら

酢はそのまま使う、または水に溶かして使うの2つがあります。

水に溶かす場合は水2~3に対して酢1の割合でスプレーボトルに移します。

クエン酸は粉末のまま使うか、水に溶かして使うの2つです。粉末のまま使う場合は、強くこすると素材が傷つくことがあるので気を付けてください。

水に溶かす場合は水200mlに対してクエン酸の粉小さじ1/2の割合で混ぜてスプレーボトルに移します。

上手に使いこなし、おそうじを楽しく簡単にしましょう。

 

 

 

 

Follow me!