酒粕から本格中国料理の調味料「チュウニャン」が作れる!

酒粕で作る「チュウニャン」とは

日本ではなかなか手に入らない中国料理の万能調味料である「チュウニャン(酒醸)」とはもち米に麹と酒を加えて2週間ほど発酵させたもので、日本の甘酒に似た中国の調味料です。

ほんの少し加えるだけで、本格中国料理のうまみの決め手になります。

豆板醤と相性がよく、料理に入れて味をマイルドにする効果もあります。また、甘みがあるので、中国ではお砂糖の代わりに使われることも。

日本ではなかなか手に入らないチュウニャンを酒粕で作る方法があるということでご紹介していきます。
酒粕しょうが粒

酒粕チュウニャンの作り方

[材料]

  • 酒粕・・・200g
  • 水・・・1カップ
  • 黒砂糖・・・75g
  • 酢・・・75ml

[作り方]

  1. 鍋に材料を全部入れ、強火で加熱する。
  2. 沸騰したら火を止めてよく混ぜる。

*冷蔵庫で1~2週間保存可能
酒粕しょうが粒

酒粕チュウニャンの使い方

酒粕チュウニャンは、麻婆豆腐やエビチリ、チンジャオロースなどに入れるとうま味とコクが増します。

市販のタレを使って作る場合でも酒粕チュウニャンをちょっと足すだけで、本格中華の味わいが楽しめます。

麻婆豆腐は、豚挽き肉を炒め、豆板醤と甜面醤を入れた後、水、しょうゆ、豆腐を入れる前のタイミングで、酒粕チュウニャンを入れます。

酒粕鍋

[材料](4人分)

(煮汁)

  • 水・・・1.5ℓ
  • 酒粕チュウニャン・・・300g
  • 塩・・・大さじ1¹/₃
  • しょうゆ・・・大さじ1強
  • 唐辛子(薄切り)・・・1本
  • ニンニク(薄切り)・・・2かけ
  • ごま油・・・小さじ2強

(煮汁の具)

  • 里芋・・・2個
  • 玉ねぎ・・・¹/₂~1個
  • エリンギ・・・1パック

(しゃぶしゃぶの具)

  • 豚バラ肉・・・400g
  • レタス(食べやすくちぎる)・・・1玉
  • もやし・・・1/2袋
  • 三つ葉(食べやすく切る)・・・1袋
  • レモン(薄切り)・・・1個
  • もち・・・適量

[作り方]

  1. 土鍋に煮汁の材料と食べやすく切った具を入れて沸騰させ、3分間ぐつぐつ煮てアルコールを飛ばす。
  2. レモンを4枚入れる。
  3. 煮えた具から食べ、しゃぶしゃぶの具も煮汁で火を通しながら食べる。
  4. 最後に残りのレモンを入れ、もちを煮てしめる。

*お餅は薄く切ってしゃぶしゃぶにするとより楽しめます。餅の代わりにうどんでもOK。

チュウニャンデザート

[材料]

  • 酒粕チュウニャン・・・100g(A)
  • はちみつ・・・20g(A)
  • しょうが(すりおろす)・・・10g(A)
  • 水・・・1/4カップ(A)
  • ヨーグルト・・・40g
  • ミントの葉・・・適量

[作り方]

  1. Aを鍋に入れて強火で加熱する。沸騰したら弱火にし、かき混ぜながら2分加熱してアルコールを飛ばしたら、粗熱をとり、冷蔵庫で冷やす。
  2. 器にヨーグルトを入れ、上から1をかけてミントの葉を飾る。

*お子さんが食べる時は、アルコールを飛ばすために水を多めにして加熱時間を増やしてください。

関連記事↓

「発酵食品!酒粕の健康パワーと酒粕の万能調味料とは?」

「酒粕の健康パワーはカスじゃない!?酒粕ドリンクの作り方」

「甘酒の効果・効能がすごい!?|米麹と酒粕|」

酒粕しょうが粒

 

Follow me!