発酵食品!酒粕の健康パワーと酒粕の万能調味料とは?

酒粕の健康パワーを再確認!

日本酒の副産物である酒粕は、日本伝統の発酵食品として、甘酒や粕漬けなどで古くから親しまれてきました。
しかし、独特のアルコール臭や発酵臭などがあり、酒粕はあまり好まれなくなっているようです。
わたしの祖母は板状の酒粕をトースターで焼いてその上に砂糖を乗せておやつとして食べていました。私もよく一緒に食べたことを思い出します。
そんな酒粕にすごい健康パワーがあるという事で数年前にもNHKのテレビ番組ためしてガッテンで紹介された酒粕で作る万能調味料でお料理の幅も広がります。

関連記事 →「酒粕の健康パワーはカスじゃない!?酒粕ドリンクの作り方」
酒粕しょうが粒

酒粕の栄養素

  • タンパク質  体内の代謝を促し、丈夫な筋肉や骨、健康的な内臓を作る
  • ビタミンB1  体の成長や消化を助け精神をリラックスさせる
  • ビタミンB2  肌や髪、爪など細胞の再生を助け口や目など粘膜を丈夫にする
  • ビタミンB5  抵抗力や免疫力を高め、体の疲れを癒す
  • ビタミンB6  タンパク質や脂肪の吸収を助け神経の炎症を落ち着かせる
  • 葉酸   食欲を促進、貧血予防になる

他には、亜鉛やマグネシウム、カリウムなどのミネラルや食物繊維、水分も豊富なので健康面でも美容面でも体にとって重要な栄養成分が沢山含まれています。100g当たりの酒粕は220kcalほどとなっています。栄養価が高い=カロリーも高いイメージがありますが、白米茶碗一杯分と大体同じくらいのカロリーになるので、低カロリーと言えませんが高カロリーというわけでもないので酒粕だけ食べ過ぎないように、料理に混ぜて使えばカロリーを摂りすぎる心配もありません。

酒粕の効能

酒粕のタンパク質であるレジスタントプロテインがさまざまな健康効果をもたらしてくれることがわかっています。そのため、近年では酒粕の成分や健康効果への研究は盛んに行われています。現在で分かっている酒粕の健康効果はこのようになっています。

  • 悪玉コレステロールを下げる
  • がん抑制効果
  • 生活習慣病、成人病予防効果
  • アレルギー体質の改善
  • 美容への効果

酒粕しょうが粒

酒粕万能調味料の作り方と使い方とは

酒粕の万能調味料とは、酒粕をペースト状にしたもので、板状の酒粕の調理での使いにくさをなくしたものです。

板状の酒粕はなかなか料理に使うのは面倒ですよね。私も粕汁くらいしか料理に使った事はありませんでした。色々な料理に使えば、風味豊かなうま味を引き出してくれます。粕汁がとっても美味しいように他のお料理でも美味しくしてくれます。

作り方

作り方はとても簡単です。

鍋に酒粕と同量の水を入れて火にかけ、酒粕が溶けたら出来上がりです。

冷蔵庫で約1か月持ちます。

基本の使い方

毎日のいろんなおかずにちょいたししてみてください。

酒粕万能調味料は、ペースト状なので、さっと料理に加えられるのが魅力です。

汁物、煮物、焼き物とさまざまな料理に料理酒の要領で加えてみてください。

酒粕万能調味料の活用レシピ

酒粕ドレッシング

[材料]

  • 酒粕万能調味料・・・大さじ6
  • オリーブ油・・・大さじ2
  • 塩・・・小さじ1½
  • 酢・・・大さじ3

[作り方]

ボウルに材料をすべて入れ、混ぜ合わせれば出来上がりです。

 

*冷蔵庫で約2週間保存可能です。

*アルコールが気になる時はできたドレッシングを弱火にかけて1~2分加熱してください。その場合は1週間以内に使い切ります。

粕漬け

[材料]

  • 酒粕万能調味料・・・適量
  • 味噌・・・酒粕万能調味料と同量
  • お好みの食材(切り身魚や鶏肉など)

[作り方]

  1. 保存袋に酒粕万能調味料と味噌を入れて混ぜ合わせ、漬け床を作る。
  2. 好みの食材を入れて1を良くまぶし、漬け込む。一晩からお好みで3~4日漬け置き、加熱調理します。

*漬け床の目安はさば1切れに対して大さじ5杯が適量です。

白菜と酒粕の簡単スープ

[材料] 2人分

  • 白菜・・・4枚
  • 酒粕万能調味料・・・大さじ4
  • 水・牛乳・・・各1カップ
  • 塩・しょうゆ・・・各小さじ1/2
  • 黒コショウ・・・少々

[作り方]

  • 鍋に分量の水とみじん切りにした白菜、酒粕万能調味料を入れ、加熱する。
  • 白菜が柔らかくなったら、牛乳を入れて塩、しょうゆ、こしょうで味付けし、器に盛る。

土鍋で作る酒粕プリン

[材料] 4人分

  • 牛乳・・・2½カップ
  • 酒粕万能調味料・・・30g
  • 卵・・・3個
  • 砂糖・・・100g

[作り方]

  1. 鍋に牛乳、酒粕万能調味料を入れて火にかけ、軽く沸騰したら火を止め、粗熱を取る。
  2. ボウルに卵、砂糖を入れてよく混ぜ合わせる。
  3. を入れてよく混ぜ合わせ、裏ごしをして、器に入れ、アルミ箔で蓋をする。
  4. 土鍋にふきん、落し蓋を敷き、安定させ、3の器を、土鍋の落し蓋の上に置く。
  5. 土鍋の中に、完全に沸騰した熱湯を、器の半分の高さまで注ぎ、ぼこぼこと沸騰するまで5~6分加熱する。
  6. 完全に沸騰したら火を止め、土鍋に蓋をして25分待つ。

 

酒粕しょうが粒

 

Follow me!

発酵食品!酒粕の健康パワーと酒粕の万能調味料とは?” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。