甘酒の作り方|米麹とあまりご飯でとろみのある甘い甘酒に|

あまりご飯と米麹で作る甘酒

いよいよ冬も本番になり、甘酒の美味しい季節がやってきました。元来甘酒は夏の飲み物といわれていますが、しょうがを入れた温かい甘酒はやっぱり寒い季節に飲みたいですね!

今回はあまりご飯を使った甘酒の作り方を紹介していきます。

朝活酵素

米麹のみで作る甘酒との違いは?

以前に当サイトでも米麹だけで作れる甘酒の作り方を紹介しました。

もちろん米麹だけで作る甘酒も美味しいですが、ご飯を足して作る甘酒はよりとろみがあり、甘く仕上がります。

米麹は60℃前後の炊飯器の中で発酵し、糖化していきます。その時にご飯も一緒に入れると麹菌のエサとなり、発酵が進みやすくなるのです。

しかもご飯を入れた分は出来上がり量がふえます。何かと合わせたい場合や量をたくさん使う時にはかさましして作ると経済的です。

好みの問題ですが、さっぱりとした甘酒が好みの方は米麹のみで、とろりとした甘酒が好みの方はあまりご飯も加えた作り方で作ると良いと思います。

甘酒の作り方

[材料]

  • あまりご飯・・・250g(米から作る場合は1合)
  • 米麹・・・230g(2合)
  • 水・・・720ml

[作り方]

  1. 鍋にご飯と水270ml(分量外)をいれてお粥を炊く。米から炊く場合は、米を洗い、4倍の水(分量外)で炊く。いずれも米の形が残るように炊き、60度まで冷めたら炊飯器に入れる。
  2. 水を加えてほぐしながら混ぜる。しゃもじなどで塊がなくなるまでよく混ぜる。
  3. おかゆと水をしっかり混ぜたら、米麹を入れる。米麹も入れる前によくほぐしておく。
  4. おかゆと麹が一体になるように、よく混ぜる。
  5. 炊飯器を保温にして6~8時間発酵させる。麹菌が活発になる50~60℃をキープできるよう、ふきんをかける、ふたが半開きになるよう菜箸をはさむ、など温度計を見ながら調整してください。

*最近の炊飯器は保温力が高く、70度を超えるものもあります。80℃以上になると麹菌が死んでしまい、発酵しなくなるので1~2時間おきにしゃもじなどで混ぜながら温度計で図るとなおよいです。

*とろりとして甘味が出れば完成です。甘味が少ない場合はかき混ぜてからさらに1~2時間保温を。麹菌の状態により保温時間が変わるので、甘いと感じるまで保温しましょう。粗熱が取れたら保温容器へ。甘酒はその後も発酵を続けるので2週間ほどで酸味が出て来ます。酸味が出たらドレッシングなどに活用できます。

甘酒をアレンジレシピ

そのまま飲んでも美味しい甘酒ですが他にも美味しい食べ方を紹介しています。

「甘酒を使った麹スイーツレシピ」

「麹甘酒のアレンジレシピ」

「甘酒アレンジレシピ!|甘酒の漬物|」

 

朝活酵素

 

 

Follow me!

甘酒の作り方|米麹とあまりご飯でとろみのある甘い甘酒に|” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。