酒粕の健康パワーはカスじゃない!?酒粕ドリンクの作り方

酒粕のすごい健康パワーとは?

日本酒の副産物である酒粕は、日本伝統の発酵食品として、甘酒や粕漬けなどで古くから親しまれてきました。

しかし、独特のアルコール臭や発酵臭などがあり、酒粕はあまり好まれなくなっているようです。

わたしの祖母は板状の酒粕をトースターで焼いてその上に砂糖を乗せておやつとして食べていました。私もよく一緒に食べたことを思い出します。

そんな酒粕にすごい健康パワーがあるという事で数年前にもNHKのテレビ番組ためしてガッテンで紹介された内容も一部ご紹介していきます。

酒粕しょうが粒

酒粕の栄養素が凄い!

近頃は発酵食品が見直され、スーパーでも米麹や酒粕のコーナーがしっかりありますが、一時期は私自身も目にとめないようになっていましたが、タンパク質やビタミンなど身体に良い栄養素がたくさん含まれています。

  • タンパク質  体内の代謝を促し、丈夫な筋肉や骨、健康的な内臓を作る
  • ビタミンB1  体の成長や消化を助け精神をリラックスさせる
  • ビタミンB2  肌や髪、爪など細胞の再生を助け口や目など粘膜を丈夫にする
  • ビタミンB5  抵抗力や免疫力を高め、体の疲れを癒す
  • ビタミンB6  タンパク質や脂肪の吸収を助け神経の炎症を落ち着かせる
  • 葉酸   食欲を促進、貧血予防になる他には、亜鉛やマグネシウム、カリウムなどのミネラルや食物繊維、水分も豊富なので健康面でも美容面でも体にとって重要な栄養成分が沢山含まれています。100g当たりの酒粕は220kcalほどとなっています。栄養価が高い=カロリーも高いイメージがありますが、白米茶碗一杯分と大体同じくらいのカロリーになるので、低カロリーと言えませんが高カロリーというわけでもないので酒粕だけ食べ過ぎないように、料理に混ぜて使えばカロリーを摂りすぎる心配もありません。

プレミアム酵母

酒粕の効能

酒粕のタンパク質であるレジスタントプロテインがさまざまな健康効果をもたらしてくれることがわかっています。そのため、近年では酒粕の成分や健康効果への研究は盛んに行われています。現在で分かっている酒粕の健康効果をいくつかあげてみました。

悪玉コレステロールを下げる

酒粕のタンパク質であるレジスタントプロテインには悪玉コレステロールを減少させてくれる効果があります。

レジスタントプロテインは胃液で消化されにくいため、そのまま小腸に到着し、腸内にある油や脂質を吸着してくれます。そしてそのまま体の外に排出してくれるので結果として悪玉のLDLコレステロール値が減少します。

 

がん抑制効果

愛媛大学医学部奥田教授の研究結果により、酒粕がリンパ球のガン細胞を殺す作用(NK活性)を強める、NK細胞の活性促進物質がある事が明らかになりました。

生活習慣病、成人病予防効果

酒粕には、糖尿病の治療に役立つことが期待されています。
またさきほども紹介しましたが悪玉コレステロール値を下げる効果のおかげで、心筋梗塞、動脈硬化予防効果、高血圧抑制効果、脳梗塞予防効果もあり、骨粗しょう症予防効果などさまざまな病気に対しての研究が現在も行われています。

アレルギー体質の改善

アレルギーやアトピー性皮膚炎、花粉症は、カテプシンBという酵素に作られる免疫グロブリンが原因で引き起こされるといわれています。このカプテシンBの働きを阻害するペプチド物質が酒粕には含まれているのです。

美容への効果

酒粕にはシミ・ソバカスの原因である物質を抑える遊離リノール酸やアルブチン、フェルラ酸などが酒粕には大量に含まれています。
また、原料である麹には化粧品にも使われることで有名なコウジ酸も豊富に含まれており、高い美容効果が望めます。

コウジ酸には抗糖化作用があり、シワ予防にも効果があります。
また、炎症作用があり吹き出物やニキビに効果が期待できます。
また保湿効果と美白効果との相乗効果によりニキビ痕やニキビ痕にお悩みの方にも安心して使用することができます。

また、メラニンの生成を抑える効果がありますので、これからの季節、暖かくなるにつれ紫外線量も増える屋外などでうっかり長時間日差しを浴びてしまったときなどは酒粕を使ったパックがおすすめです。この後紹介します。

酒粕しょうが粒

酒粕ドリンクの作り方

酒粕に様々な効能があることがわかりましたが、酒粕の甘酒は苦手という方に数年前にためしてガッテンでも紹介された甘酒よりも飲みやすい甘酒ドリンクの作り方をご紹介します。

甘酒よりもさらっとしていて甘味も抑えられています。作り置きをしてフルーツやジャム、ジュースや豆乳、ヨーグルトなど混ぜても美味しくいただけます。

[材料]

酒粕 200g

水 1Ⅼ

砂糖 小さじ4

人工甘味料 適量

[作り方]

  1. 鍋に水を入れて火にかけ、酒粕を小さくちぎりながら入れる。
  2. かき混ぜながら強火で沸騰させる。
  3. 火を止め、砂糖と好みの量の人工甘味料を加えて混ぜる。

 

塩を一振りしたり、はちみつやおろししょうがを好みで加えるとさらに飲みやすくなります。

冷蔵庫で4~5日のほぞんが可能です。

 

酒粕パックの作り方

[材料]
酒粕 100g
精製水 50~150ml(目安)

[作り方]

材料を混ぜるだけで出来上がります。

板粕の場合は、なじむのに時間がかかるため、精製水でしばらくふやかした後、すり鉢でなめらかになるまで混ぜるか、フードプロセッサーにかけるとなじみやすくなります。
水分は、お好みの固さに調整して使ってください。

[使い方]

顔や体に塗って10分~15分後に洗い流すだけです。

顔に塗ったらシートマスクをかぶせ、半身浴をするとより効果的ですよ。

また蜂蜜を混ぜるとさらにしっとり感が倍増しますので結晶化してしまい台所の隅にすっかり眠ってしまった蜂蜜の再活用にもお勧めです。

お好みの精油を1滴ほど加えてもよりリラックス効果が得られます。保存方法は清潔な瓶に入れ、冷蔵保存をしてください。

使用期限は一週間ほど。新鮮な酒粕であれば、発酵が進み、ふんわりしてきます。
このふんわり感がパック時には心地よく、癒されます。

※アルコールを含んでいますので、気になる方は電子レンジで15秒ほど加熱し、軽くアルコール分を飛ばしてください。その後使用時には必ずパッチテストを行って下さい。

朝活酵素

酒粕しょうが粒

 

 

Follow me!

酒粕の健康パワーはカスじゃない!?酒粕ドリンクの作り方” に対して 2 件のコメントがあります

この投稿はコメントできません。