アレルギーと乳酸菌|乳酸菌がアレルギー症状の緩和に効果あり!|

アレルギーと乳酸菌の関係

アレルギーとは

私達の身体には、ウィルスや異物などの外敵を排除するための「免疫反応」という仕組みが備わっています。

身体の中にウイルスや異物などの外敵が侵入すると、抗原が抗体と呼ばれるタンパク質を作り出し、外敵を無害化して外部に排除します。この抗原と抗体の免疫反応によって、私達は日々健康に生活することができています。

しかし、この免疫反応がある時、過剰な働きをしてしまうことがあります。

この反応がアレルギー反応です。

関連記事 → こちら「免疫力を上げるには腸活!|免疫のシステム|」

通常、免疫反応は外敵から身体を守るために起こります。しかし、アレルギーが引き起こされているときの免疫反応では、本来外敵に向けられるべき働きが自分の身体へ不利に働きます。それにより、咳、くしゃみ、痒み、頭痛、疲労などのアレルギー症状が生じます。アレルギー症状の中にはアナフィラキシーショックと呼ばれる循環器系の重い症状もみられ、最悪の場合には死に至るケースもあります。

アレルゲンの種類

アレルギーの発生には、アレルゲンが関係しています。アレルゲンとは、アレルギー症状を引き起こす原因になる物質の事をいいます。アレルゲンは人によって様々で、自分のアレルゲンとなる物質が体内に侵入すると、アレルギー症状が発生ます。

吸入性アレルゲン

吸入性アレルゲンには、ダニ・カビ・動物・花粉などがあります。

季節性の花粉症も吸入性アレルゲンである花粉が原因のアレルギー症状の一つです。

食品性アレルゲン

食品性アレルゲンには、五大アレルゲンといわれる牛乳・卵・落花生・そば・小麦や大豆・いくら・えび・かに・肉類などのタンパク質類があります。

薬物性アレルゲン

薬物性アレルゲンには、風邪薬や塗り薬といった医薬品やファンデーションなどの化粧品、シャンプー・リンス・洗剤などの日用品があります。

このように、アレルゲンとなりえる物質は私達の身の回りに多く存在しています。

 

アレルギー疾患患者は増えている

今や3人に1人は何かしらのアトピーやアレルギーを持っているといわれる現代。

アトピーとは診断されないものの、何かしらのアレルギーによる自覚症状のある人は2200万人と推定されています。

私自身アレルギー性鼻炎で長年つらい思いをしていますし、我が子も幼少期には卵などの食物アレルギーでした。

ダニ、ハウスダスト、花粉などアレルゲンの増加、環境の変化や食生活の変化によりアレルギー体質が増えたということも大きな要因の一つといえます。

ストレスに加え、ファーストフードや添加物により腸内環境のバランスが崩れてきています。

また、抗生物質の使用によって腸内細菌が死滅し、アレルギー症状がふえるという事も言われているようです。
そして、今その腸内環境を整えるために注目されているのが乳酸菌です。

腸内環境がアレルギー緩和に関係

人間の腸には100兆個、総重量にして1kg以上の細菌が住んでいます。

「腸内フローラ」などと呼ばれるものです。

その中には善玉菌と悪玉菌がいて、そのバランスが人間の健康に影響を与えています。

善玉菌の代表が乳酸菌

人間は善玉菌から数々の健康の恩恵を受けていることがわかってきました。

関連記事→ こちら「乳酸菌には動物性と植物性があった!|それぞれの効能と効果|」

 

乳酸菌には体の免疫力を上げる効果があるのです。しかし、乳酸菌にはかなりの種類があります。

免疫に強い乳酸菌、アレルギー緩和に強い乳酸菌など製薬会社や食品メーカーで熱心に研究されています。また、人それぞれ合うかどうかの相性もあります。

アレルギー緩和が期待できる乳酸菌

今市販されているヨーグルトでは以下のようなものがあります。

  • LGG乳酸菌
  • ビフィズス菌BB536
  • L-55乳酸菌
  • L-92乳酸菌
  • KW3110

ほかにもサプリメントなどがありますのでおススメを載せておきます。

ラクトプランL-137

スマートガネデン乳酸菌

 

まとめ

アレルギ―疾患は本人にとってはとてもつらいものです。

これまでアレルギーの治療法は食物アレルギーでは除去療法、花粉症などの吸引性のアレルギーは対症療法しかありませんでした。

乳酸菌によってアレルギーの治療が確立されれば根本的に変わる治療になります。

アレルギー疾患患者にとってとても良い前進になることでしょう。

 

 

Follow me!

アレルギーと乳酸菌|乳酸菌がアレルギー症状の緩和に効果あり!|” に対して 2 件のコメントがあります

この投稿はコメントできません。