チアシードの効果とは|チアシードでダイエット!|

チアシードの栄養と効果!ダイエットにも

チアシードとは

スーパーフードとして有名になったチアシードは南米原産のシソ科の植物である、チアの種です。

なんとチアシードは古代マヤ、アステカ時代から食べられているのです。

人間が生きていくための栄養素が入っていると言われています

チアシードに含まれている栄養素は

  • タンパク質
  • ミネラル(カルシウム、亜鉛、マグネシウム、鉄分)
  • ビタミン
  • オメガ3脂肪酸(α―リノレン酸)
  • 必須アミノ酸8種類
  • 食物繊維
  • 脂質

あの小さな粒の中にこれほどの栄養素が入っているのはスーパーフードと言われる由縁です。「奇跡の植物性たんぱく源」とも言われています。

チアシードの効果とは

ダイエット

チアシードは水分を吸収すると約8~14倍以上に膨張する働きがあります

この働きによって少量でも満腹感を得やすく、腹持ちも良いことからチアシードには高いダイエット効果が期待されます。

短期集中型ダイエット

短期間で結果を出したい場合は一食置き換えにします。

朝食や夕食をチアシードに置き換えるダイエットです。

水に戻したチアシードをヨーグルトやグリーンスムージーに入れて飲みます。それを一週間ほど続けるダイエットです。

ゆっくりダイエット

長期的にゆっくりダイエットがしたい人は毎食事前に少量のチアシードを食べます。

食事の30分前に食べるのがおすすめです。

食べ方の工夫でダイエットに効果的な働きをしてくれます。

しかも食事制限ダイエット中に陥りやすい栄養不足を防いでくれます。

美肌・アンチエイジング

チアシードは美肌やアンチエイジングにも効果があります。

世界的トップモデルのミランダカーさんも毎日摂っているそうですが、他にも有名な美容家たちがこぞってチアシードを摂っているというほど美容効果が認められています。

チアシードに含まれている美容、アンチエイジングに効果的な栄養素は以下の通りです。

  • 必須アミノ酸

中でも必須アミノ酸は8種類も含まれています。必須アミノ酸には美容の維持に欠かせない非常に大切な働きをします。保湿成分、肌のターンオーバー、コラーゲンを作る、髪のキューティクルを構成するなど様々な役割があります。

  • カルシウム

チアシードにはなんと牛乳の6倍もカルシウムが含まれています。

カルシウム不足は肌のしわや乾燥の原因になります。またニキビなどの肌荒れも引き起こします。

  • ミネラル

チアシードには数種類のミネラルが含まれていますが、中でも美容に効果的なのは鉄分です。

女性は鉄分不足に陥りやすく、貧血などになりやすくなります。また肌のターンオーバーを乱れさせてしまいます。ですから、鉄分不足にならないようしっかり補給することが大切です。

チアシードにはほうれん草の3倍の鉄分が含まれています。

  • オメガ3脂肪酸

チアシードはオメガ3脂肪酸の含有量が多い食材です。

オメガ3脂肪酸には血液をサラサラにする効果やお肌や髪の毛に潤いとハリをあたえてくれます。

関連記事 →こちら「話題の亜麻仁油って!オメガ3の驚くべき効能」

便秘解消

チアシードの40%は食物繊維で構成されています。

大さじ1杯にレタス1個分と同じ量の食物繊維が含まれているので腸内の働きを活性化し排便を促進させます。

また、チアシードには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれており、様々な良い効果が見込まれます。

関連記事 →こちら「食物繊維ってどんなもの?」

コレステロール・中性脂肪を下げる

オメガ3脂肪酸には代謝を促進させる働きがあり、コレステロール値や中性脂肪値を下げる働きがあります。

チアシードを継続して摂り続けることで効果が期待できます。

アレルギーの改善

オメガ3脂肪酸にはぜんそくやアトピーなどアレルギー症状を緩和する効果があるといわれています。

逆にオメガ6脂肪酸を摂りすぎるとアトピーやアレルギー症状が進行するといわれていますので注意が必要です。

オメガ6脂肪酸はファーストフードやスナック菓子、お総菜などに含まれています。現代人の食生活ではオメガ6脂肪酸の油を摂りすぎていることが多いようです。

オメガ6脂肪酸を減らし、オメガ3脂肪酸を多く摂りいれる食生活を心がけましょう。

チアシードはオメガ3脂肪酸を多く含む食材ですが、とくにホワイトチアシードは普通のチアシードに比べてより豊富にオメガ3脂肪酸を含んでいます。

 

うつの予防・軽減

チアシードには精神面の健康を保つ栄養素が豊富に含まれています。

  • ビタミンB群
  • 亜鉛
  • 鉄分
  • タンパク質
  • オメガ3脂肪酸

などです。オメガ6脂肪酸はうつ病を引き起こすといわれていますので摂りすぎには注意が必要です。

糖尿病の予防

オメガ3脂肪酸の不足やオメガ6脂肪酸の摂りすぎは糖尿病の原因になります。

チアシードでオメガ3脂肪酸を体に摂りいれましょう。

また、チアシードに含まれる食物繊維は糖質の消化、吸収を穏やかにして血糖値の急上昇を防いでくれます

免疫力アップ

チアシードには免疫力をアップしてくれる亜鉛が豊富に含まれています。

亜鉛は体に蓄えることが出来ないので毎日摂り続けることが大切です。

 

PMS(月経前症候群)改善

オメガ3脂肪酸の一つでαーリノレン酸はホルモンバランスを整えてくれる効果があります。

また、鉄分が豊富に含まれているのでとくに女性がなりやすい貧血も改善してくれます。

 

ブラックチアシードとホワイトチアシードの違いとは

元々、チアシードはブラックが自然のものです。ホワイトチアシードはブラックチアシードに混ざっている栄養価の高い白い種を選別し、10年かけて改良したものです。

ブラックチアシードとホワイトチアシードの大きな違いは水に浸けた時の膨満率です。

ブラックチアシードは8倍から10倍なのに比べて、ホワイトチアシードは10倍から14倍に膨らみます。

ホワイトチアシードは膨満率が大きい分、腹持ちがよく、皮が柔らかいので消化吸収がしやすくなります。

また、栄養価の面でもホワイトチアシードの方がオメガ3脂肪酸をより多く含んでおり、より優秀な食材と言えるでしょう。

ホワイトチアシードのおすすめ商品はこちらです。↓

ホワイトチアシード

チアシードの摂取方法と注意点

チアシードの摂取目安量は一日大さじ1杯です。

チアシードは無味無臭の食べ物で飲み物やヨーグルトに混ぜて食べます。また、ゴマ感覚で料理に使ってもよいでしょう。

注意点としてはチアシードは種子なので発芽毒があるという事です。

そのままでは食べないように気を付けてください。水分に浸すことで毒がなくなります。

ホワイトチアシード

Follow me!

チアシードの効果とは|チアシードでダイエット!|” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。