酵母菌の効果とは?

酵母菌とは

酵母菌とは、糖をアルコール(エタノール)炭酸ガス(二酸化炭素)に分解するときに使われる単細胞微生物のことです。

酵母菌は、植物の表面、空気中、土壌などいたるところに存在するといわれています。

発酵して発酵してアルコールと炭酸ガスを生み出す菌で、酸性を好みます。

現在、発酵食品に使われている酵母菌は、食材に合わせて純粋培養し、雑菌を取り除いたものです。

各種アルコールの醸造に利用されることで知られ、用途によってビール酵母、ワイン酵母、日本酒酵母などに分類されます。

酵母菌は食材を発酵させる菌です。酵母菌によって発酵した食品を発酵食品といいます。

パンも生地に含まれる糖を酵母菌が分解することで発酵しますが、最後に焼き上げるのでアルコール分はほとんど残りません。


朝活酵素

酵母菌が含まれる食品

  • ビール 麦芽汁に酵母菌を加えて発酵させ、糖がアルコールと炭酸ガスに分解します。
  • ワイン 米のでんぷんを麹菌によって糖化させ、それに酵母菌を加えて発酵させます。
  • 日本酒 米や麦、サツマイモのでんぷんを麹菌を使って糖化させ、それに酵母菌を加えて発酵させます。
  • 焼酎 米や麦、サツマイモのでんぷんを麹菌を使って糖化させ、それに酵母菌を加えて発酵させます。
  • パン 生地に含まれる糖を酵母菌が分解し、発酵するときに出る炭酸ガスで生地が膨らみます。

他にもみそやしょうゆ、酢などにも酵母菌は含まれます。

 

酵母菌の効果とは

酵母は人間に必要な必須アミノ酸を含み、ビタミンB群が豊富なため、体内でエネルギーを作り出したり、代謝のサポートもします。

糖質を分解する

酵母菌は有機物に含まれる糖質を分解してくれます。

ですので人が食べた物に含まれている糖質を分解してくれます。

糖質を多く摂りすぎると、血糖値が上がったり糖尿病になったり、肥満の原因にもなります。

糖質の摂りすぎは人間の体には良くない事ばかりなのです。

酵母菌が糖質を分解してくれることで生活習慣病の予防や肥満の予防、ダイエット効果が期待できます。

 

便秘を解消

酵母菌には腸で糖質の消化や吸収を助けるはたらきをしてくれます。

消化が良くなると、腸の中に残る余計な食べ物が発生しにくくなります。

また酵母には食物繊維も含まれています。

食物繊維は、人間に不要な物質を吸収しにくくしたり、お通じを良くする働きがあります。

さらに食物繊維には、腸の中のいわゆる「善玉菌」を増やす効果もあるので、腸内の環境を整えます。

関連記事 → こちら「食物繊維ってどんなもの?」

 

免疫力アップ

ビール酵母には免疫力を高めるβーログルカンが含まれています。

βーログルカンにはマクロファージを活性化させる働きがあります。マクロファージというのは、血液の中にあって、体の中に侵入した悪い物に対して攻撃する働きをしています。

そのため、マクロファージを活性化させることで免疫力がアップします。

粉末状の錠剤も販売されています。

 

疲労回復

酵母にはビタミンB群も多く含まれており、細胞の新陳代謝を高めてくれます。

また、タンパク質や脂質の代謝を補助する働きも持っています。

これらの代謝を良くすることによって、疲労回復が期待できます。

酵母菌を摂るには

サプリメントが一般的です。

先ほども述べましたが、とくにビール酵母サプリというのが多いようです。

また、お酒などから酵母菌を摂る場合には生酒がおすすめです。

火入れしていない日本酒には酵母菌が生きたまま存在しています。

また、パンには酵母菌だけでなく乳酸菌も含まれているのでおすすめです。

乳酸菌が酵母菌の働きを促進してくれるため、相乗効果が期待できます。

身近なパンが菌食材というのもうれしいかぎりですよね。

注意したいのはパンの中には酵母菌を使用していないパンもありますので品質表示で確認してください。

 プレミアム酵母

まとめ

酵母菌について紹介してきましたが、注意点もあります。

とくに注意したいのはビール酵母はインシュリンが上がるのを抑えるという効果があります。

ですからもともと血糖値が低い人は注意が必要です。

また、酵母菌は生きたまま腸まで届き、腸内環境を整えてくれます。

しかし、酵母菌が活動しやすい温度は25℃前後であると言われています。

冷凍や、加熱をすると死滅してしまうので注意が必要です。

 

 朝活酵素

 プレミアム酵母

 

 

Follow me!