レモン酢の効果で健康にもダイエットにも

レモン酢の効果でダイエットに!

体に良いことがいっぱいのお酢。中でもフルーツビネガーは手軽に美味しくお酢を摂れるのでとても人気ですよね。

そんなフルーツビネガ―の代表のレモン酢にはとても体に良いことがいっぱいです。ダイエットにも健康ドリンクとしても良いレモン酢の効果や作り方、飲み方について紹介します。

関連記事 → こちら「お酢の効果が凄い!酢酸菌パワーで健康に」

レモン酢の効果とは

レモン酢の酸味はお酢の酢酸、レモンのクエン酸ビタミンCがもとになっています。

レモン酢は作る工程で加熱するため、レモンの成分が酢に溶けやすくなっており、効率よくお酢とレモンの栄養素を摂り入れることが出来ます。

ではどのような効果があるのでしょうか。

 

ダイエットに

レモンや酢に含まれるクエン酸にはクエン酸回路と呼ばれる体内エネルギー生産システムを回す重要な成分です。

クエン酸回路には体脂肪をエネルギーに変換する働きがあるため、クエン酸回路が効率よく回ることで脂肪燃焼によるダイエット効果があります。

また、レモンの皮にはエリオシトリンという成分が含まれています。

エリオシトリンには脂肪吸収を抑え、外へ脂肪を出す効果があります。

また、酢を食事と一緒に摂ると食後の血糖値を抑えることが出来ます。

血糖値の上昇が穏やかになることで血糖(グルコース)をエネルギーに変換するインスリンの分泌量が減り、余分なエネルギーを体に溜めこまなくなるため、体脂肪の蓄積を予防します。

 

 

高血圧予防

高血圧予防にはレモンのカリウムが効果的です。

カリウムには高血圧の原因となるナトリウムを排出します。

また、お酢の酢酸が血管を拡張させ、血液の流れを良くします。

 

血流改善

レモンの皮に含まれるエリオシトリンは中性脂肪が溜まらないように働きかけてくれます。

また、クエン酸には血流を良くする効果があり、冷え性の改善に効果的です。

他にも、動脈硬化や、生活習慣病の予防が期待できます。

 

便秘解消

レモンには食物繊維がたくさん含まれています。食物繊維を摂ると腸内を活発にし、排便をサポートしてくれます。

関連記事→ こちら「食物繊維ってどんなもの?」

 

疲労回復

お酢やレモンに含まれるクエン酸には疲れの元になる疲労物質の乳酸を、減らし作らないようにする効果があり、疲労回復を助けてくれます。

 

免疫力アップ

免疫力アップにはレモンに含まれるビタミンCが免疫細胞を高めてくれることで発揮されます。

また、粘液や血管を強くしてくれ、コラーゲンの生成をサポートしてくれます。

そしてレモン酢の抗菌作用で風邪予防も期待できます。

 

美容・美肌効果

レモンにはビタミンCがたくさん含まれていますが、皮ごと食べることが出来るレモン酢はビタミンCをより効率的に摂り込むことができます。

ビタミンCは肌の乾燥を防ぎます。また、皮膚から出る皮脂分泌を抑え、毛穴の引き締めや、メラニン色素生成を抑えてくれます。

ビタミンCとクエン酸には抗酸化作用があり、老化の原因の活性酸素を除去してくれるのでアンチエイジング効果があります。

レモン酢の作り方

レモン酢の作り方はとても簡単です。基本的な作り方を紹介します。

[材料]

  • 国産レモン(防カビ剤、ワックスのないもの)・・1個
  • 酢(純米酢、黒酢、リンゴ酢など)・・200ml
  • 氷砂糖・・180ℊ

 

[作り方]

  1. レモンの表面をお湯をかけなら、たわしでこすってゴシゴシ洗ってからペーパータオルなどで水分をふき取る。
  2. レモンを1cmの幅で輪切りにして耐熱容器にレモンと氷砂糖を入れる。
  3. 容器にお酢を入れる。
  4. ふたをせずに電子レンジで加熱。500W-40秒、 600W-30秒、 700W-25秒
  5. 電子レンジから取り出し、ふたをして常温で12時間置く。

 

レモン酢の摂り方と注意点

  • レモン酢の飲み方

一日の摂取目安量は10-30㏄です。毎食に分けて飲む場合は小さじ2杯程度にしましょう。

原液は濃く作られているので水やお湯で3倍以上に割って飲みます。

  • 注意点

酢酸は胃腸への刺激が強いため、空腹時の服用は避けてください。

また、過剰摂取は逆に健康被害の原因となりますので一日の摂取目安量は守りましょう。

酸には歯のエナメル質を溶かす働きがあります。口内に酸が残らないよう歯磨きをしましょう。

 

 

 

 

Follow me!

レモン酢の効果で健康にもダイエットにも” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。