コーヒーには健康の秘密がいっぱい

コーヒーの健康効果とは

 

趣向品として定番の飲み物「コーヒー」。

家庭や喫茶店だけでなく、コーヒー専門チェーン店や、はたまたコンビニでまで美味しいドリップコーヒーが飲めるようになりました。

コーヒーを飲む習慣のある人には糖尿病や、一部のがんなどさまざまな病気にかかるリスクや、死亡率が低くなるという研究結果が発表されています。

また、コーヒーには、代謝を高め、脂肪の燃焼をサポートしてくれるというありがたいダイエット効果まで!

そんなコーヒーについてご紹介していきます。

コーヒーでダイエット!

コーヒーがダイエットに効果的な理由としてカフェインクロロゲン酸の効果があるとされています。

カフェインには脂肪燃焼を促進する効果があります。

またクロロゲン酸には脂肪を燃焼させる働きをする酵素を活性化させる効果があります。

コーヒーにはメタボリック症候群の改善効果があると言われており、コーヒーを毎日多く飲んでいる人ほどメタボリック症候群に関係する因子数が少ないと言われています。

 

ポリフェノールでアンチエイジング!

コーヒーにはクロロゲン酸などのポリフェノールが豊富に含まれています。

その量はカフェインよりも多く、とくに、レギュラーコーヒーはインスタントコーヒーよりも5倍ものポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールの抗酸化作用により、アンチエイジングに最適とされています。

また、抗酸化作用にはがんや糖尿病、動脈硬化予防などによいといわれています。

 

血糖値を下げる

食事と一緒にコーヒーを飲むと、血糖値が下がることがわかりました。

コーヒーの成分クロロゲン酸には食後、血糖値を下げる働きがあると言われています。

これにより、2型糖尿病の予防について効果があるとされています

国立国際医療研究センター糖尿病研究部の研究結果では、コーヒーを「週に3~4杯飲む」人は「ほとんど飲まない」人に比べて、2型糖尿病を発症するリスクが男性で17%、女性で38%低下するという結果が出たとしています。

 

コーヒーでシミ予防

コーヒーに含まれるポリフェノールには日焼けの元になるメラニンの生成を抑制する作用があるとされています。

色素細胞は角化細胞から指令をうけてメラニンを作りますが、ポリフェノールによってその指令が30%も抑えられるのです。

それにより、メラニンを抑えて日焼け防止に効果があると期待されています。

 

コーヒーでリラックス

コーヒーの香りを嗅ぐと脳にα波が生じ、リラックス効果があることがわかっています。

とくに、豆の種類によって効果に違いがあり、ブルーマウンテンとグアテマラに強いリラックス効果があります。

リラクゼーション効果を期待する場合は是非、ブルーマウンテンか、グアテマラのコーヒーを飲んでみてください。

まとめ

いかがでしたか?

普段何気なく飲んでいるコーヒー。カフェイン効果による眠気覚ましとして飲んでいたり、ただ好きで飲んでいるなんていう人も多いのではないでしょうか。

さまざまな効果の期待できるコーヒーですがデメリットもあります。

  • 胃があれる
  • 口臭
  • 貧血
  • 睡眠の質の悪化

 

などがあげられます。対策としては

  • 胃があれる → 空腹時には飲まない
  • 口臭 → コーヒーを飲んだ後は水を飲む
  • 貧血 → 食事の1時間前には飲まない
  • 睡眠の質の悪化 → 寝る前4~5時間前に飲まない

 

以上の点に気を付けましょう。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です