ホットヨーグルトでダイエット!温めると良いこといっぱい!

ホットヨーグルトとは

ホットヨーグルトとは、人肌まで温められた状態で食べることで、より効率的にヨーグルトの栄養素を摂る方法です。

ヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌は熱を加えるとほとんど死滅してしまいます。

ですがホットヨーグルトは人肌程度(37℃)に温めるのですが、その程度では菌が死ぬことはありません。

他にも、ホットにすることで得られる効果があります。


女性向けLP

ヨーグルトを温めると得られる効果とは?

腸にやさしい

体表面の温度よりも、体内は温かく保たれています。

人の平均的な体内温度である36~37℃は、生命活動が最も理想的に働く体温だといわれており、新陳代謝が効率的に行われ、体内の酵素や腸内細菌などが活発になります。

逆に体温がこの温度から上下しすぎると、内臓の機能が低下してしまいます。

食べ物は直接体内に摂り込まれるため、その食べ物の持つ「温度」は重要な意味を持っています。

体に摂り込むものを、体が最も元気に働く温度「37℃」にすることは、効率的な健康法だと言えるのです。

 

温めるとヨーグルトの栄養素を効率よく吸収できる

冷たい物を食べると胃腸が冷え、働きが鈍くなります。

胃腸の機能が低下すると、せっかく有効成分を摂取しても体に摂り込まれないまま排出されてしまいます。

人肌に温めることで腸の活動を妨げることなく吸収できるのです。

 

ホットヨーグルトでダイエット!

ヨーグルトにはカルシウムが多く含まれています。

そのカルシウム不足が現代人の太る原因の一つだというのです。

カルシウムは体内で作り出すことのできない栄養なので、食べ物から摂取することがとても大切です。

カルシウムは骨や歯を強くするだけでなく、実は脂肪の蓄積にも関係があるのです

体に栄養を溜め込むために、脂肪を燃焼させる酵素の働きを阻害する、甲状腺ホルモンを減らしてくれるのが、なんとカルシウムなのです。

また、カルシウムは脂肪と結びついて体の外へ排出される傾向があり、結果として体脂肪の減少を導くということが、わかってきました。

つまり、カルシウム不足が肥満を招く原因といえます。

ホットヨーグルトは、効率的にヨーグルトのカルシウムを体内に摂り込むことができます。

また、他の食材に比べてもヨーグルトのカルシウム吸収率は高く、優秀な食材なのです。

では実際にどのようにして作るのか紹介していきます。
スマートガネデン乳酸菌

ホットヨーグルトの作り方

ホットヨーグルトを作るのは電子レンジを使うのでとても簡単です。

まずはプレーンヨーグルトの無糖タイプを用意してください。

基本の作り方です。

[材料]

  • プレーンヨーグルト(無糖) 120g
  • はちみつ         大さじ1
  • 水            大さじ1

 

[作り方]

  1. 耐熱容器にヨーグルト、はちみつ、水を入れる。
  2. 電子レンジで40~60秒ほど加熱し、人肌程度に温める。
  3. ホットヨーグルトを取り出し、スプーンなどで混ぜれば出来上がり。

 

ポイントは電子レンジでの加熱時間です。

加熱しすぎると分離してくるので、自動の温めではなく時間を手動で設定するようにしましょう。

慣れるまでは少しづつ時間を追加して様子を見ると良いと思います。

ホットヨーグルトの食べ方

ホットヨーグルトを摂り入れる上で何が目的かによって食べ方を変えると効果的です。

  • ダイエットが目的

ダイエットが目的の場合は夕方から夜に食べることをおすすめします。

寝ている間にカルシウムが脂肪の蓄積を防いでくれるのです。

夕食をホットヨーグルトにする置き換えもおすすめです。

食事と併用する場合は夕食前に食べると、腹持ちが良く食べすぎを防いでくれます。

 

  • 整腸効果が目的

整腸効果が目的の場合は、朝食べることをおすすめします。

交感神経と副交感神経のバランスが整い、快便になります。

便秘気味の方は野菜ジュースを飲んだ後に食べるとより効果的です。

お腹に何か入っている状態だと胃酸が薄まり、乳酸菌が生きたまま腸に運ばれやすくなります。

 

  • ゆっくり食べる

ホットヨーグルトを食べる時に、急いで食べるのはNGです。

スープを食べるように一口ずつ味わって食べましょう。

だんだん腸が温まるので身体への負担がないうえに、ダイエット効果も高まります。

 

  • 食べすぎない

ローカロリーで体にとても良いヨーグルトですが、1日に食べる量は120~150gほどに。

大事なのはどれだけ多くの量を食べたかではなく、いかに長く食べ続けるかです。

 

まずは1週間試してみて

まずは一週間試してみて体調の変化を見てみてください。

自分の体調に合っているか、続けられそうか、など様子をみましょう。

ここで良い効果があらわれてきたら是非続けてみてください。

目標は1~3ヶ月!

同じ味では飽きてしまうので、はちみつを果実ジャムやきなこに三温糖、あんこなどに変えても美味しく頂けます。

その場合はヨーグルトを加熱後に加えてください。

皆さんもぜひ試してみてくださいね。

関連記事 → 「乳酸菌には動物性と植物性があった!|それぞれの効能と効果|」

「話題の玉ねぎヨーグルトでダイエット」

「アレルギーと乳酸菌|乳酸菌がアレルギー症状の緩和に効果あり!」

スマートガネデン乳酸菌

Follow me!

ホットヨーグルトでダイエット!温めると良いこといっぱい!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です