ローフードでスッキリ?! 効果と危険性

ローフードとは?

アメリカで流行して日本でも専門のカフェができるなど静かにブームになっている【ローフード】をご存知ですか?。

 

・ローフード(英 raw food)1990年代から欧米で提唱されてきた食生活で、いわゆる生食を主とした食生活の事です。

酵素を含む食べ物を極力生で摂取することで酵素をそのまま体内に摂り込むことで体に良いというものです。(生食主義 ローフーディ ズム)またはリビングフードと呼ばれる事もあります。

日本などでも野菜のみを食べるベジタリアンやロービーガニズムと混同されますが、ローフードとの違いはローフードは生であれば肉も食べることです。

加熱しないことによって食品が含む酵素・ビタミン・ミネラルなどを壊さずに効率よく摂取できる。

また酵素が壊れない48℃以下でならば加熱してもかまわないと考える人もいます。

例えばローフードのメニューとしてトマトパスタや巻きずしなどのお馴染みのメニューがすべて生の野菜で出来ているメニューが専門のカフェなどで出されていました。

麺の代わりに大根の細切りやお米の代わりに芽モヤシなど健康に良さそうなヘルシーなメニューが多数ありました。

ローフードは身体にいい?

ナチュラル系やオーガニックが好きな方にも人気のローフードですがどれぐらい論理的な裏づけがあるのでしょうか?

いくらヘルシーなイメージが先行していても実際はどんな効果があるのでしょうか。

まず

① 人の身体は必要な酵素は体内で生成している

② 摂取する野菜に含まれる酵素は植物自身が発芽・光合成・呼吸・分解などで必要な成分で人にとってイコールであるわけではない

③ 摂取しても人の胃酸をくぐりぬけて腸まで届いて吸収されるのはごくわずか

 

など栄養学や生物学的にみるとローフード=健康というのは迷信に近いものがあります。

しかしながら、まったく意味がないわけではありません。
食物酵素を含む食べ物はそれ自体に酵素を含んでいるので体内の消化酵素をあまり消費せずに分解、吸収されていくのです。

関連記事→こちら
消化酵素を多く使用する必要がないため、代謝酵素として機能する分量に余裕ができ、体脂肪の分解などの代謝がより効率よく行われることになります。
ですから代謝の良い身体を作るために食物酵素が多い食事は大いに意味があるのです。

プレミアム酵母

様々な問題点  

【ローフードによって酵素を摂り込み体内に老廃物を溜めない】という目的以外の栄養不足リスクが高く、ローフード実践者に行った調査では45歳以下の30%の女性が無月経症状がみられたそうです。

過度なダイエットなどで同様の症状や危険性が指摘されている点も気を付けなければなりません。

また欧米ではローフード主義の親が子供にも食生活を強制した結果子供の成長に必要な栄養が足りておらず身長・体重が年齢平均に足りず虐待とみなされた判例もでています。

まとめ

実は日本人の食生活・体質的特徴などを考えると欧米の方ほど神経質にローフードを気にする必要は無いです

味噌や醤油、漬け物、納豆など、焼き魚には大根おろしなど、すでに十分の酵素が生活の知恵として生活に組み込まれている国民といえます。

関連記事 →「味噌ってスーパーフード!麴菌の働きとは」

→「納豆菌ってすごい~「最強の菌」~美容にも健康にも」

→「麹菌の効能とは!|麹菌がもたらす様々な効果|」

しかし食の欧米化などで昔ほど有効な食品が摂れていない風潮の為に気にされている方も多いのかもしれません。

【偏ってしまう】ということが健康にとっては一番問題なのかもしれません。

週に一度パーティー感覚でローフードなど一つの文化として楽しむ程度をおすすめします。

プレミアム酵母

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です