健康と美容に良い食材!悪い食材

この季節摂りたい栄養は?

 

突然ですが自分の身体は自分の食べたもので出来ていますよね?

ですから今回は食材にスポットをあてて健康や美容に良い食材を記事にしていきたいと思います。

 

トマト

夏野菜と言えばトマトですが、トマトには美肌に良いと言われるビタミンA,C,E、B6、カリウム、リコピン、ビタミンP、Hが含まれています。

ビタミンP,Hなんて普段耳にしない栄養素ですがこの2つが関係して女性には嬉しい【コラーゲン】が作られます。またこのビタミンPがビタミンCの吸収を助ける働きもあるので疲れやむくみなどにも効果的です。

 

ほうれん草

ほうれん草には体内の活性酵素と戦うカロテノイドが多く含まれており、ビタミンA,B,Cもバランス良く入っているので美肌効果若返り効果に期待できます。

その他にも妊婦さんには嬉しい【葉酸】が含まれていますので肌の新陳代謝には必要不可欠です。

 

アボガド

「森のバター」とも言われるアボガドは実は世界で一番栄養価の高い果物です。

しかしアボガドの脂肪分にはコレステロールを含まないのでとってもヘルシーな食材です。

抗酸化作用に効果的なビタミンEを豊富に含んでいて、アボガド1つに1日の必要量の3分の1も入っているのです。

老化防止、抗がん作用に効果的です。

また血行を良くする効果もありますので肌の新陳代謝を高め、シミソバカスを防止します。

 

変わったトコロでマシュマロ

マシュマロはお菓子のイメージが強いですが、始めは薬用として使用されていました。

腸などの炎症を防ぐ効果があります。

原材料は砂糖、水あめ、ゼラチン、卵白で出来ていますがコラーゲンを豊富に含んだゼラチンが美肌・美容に効果的です。1日に10個ほどのマシュマロで必要なコラーゲンが摂取できます。

 

それでは避けたい食材は?

 

1度使用した油、古い油

一度使用した食用油は健康に良くないことは常識ですが、実際に動物実験などで酸化した油の肝臓への悪影響は確認されています。

肝臓に悪影響を及ぼせば肌の老化、疲労やむくみなど美容への影響は元より、健康に多大な影響があり酸化した油はガンの恐れも出て来ます

 

加工食品・インスタント食品

一概に健康に悪いとは言い切れませんが、添加物が大量に入っているものが多く実際に調理した食事と比べるまでもありません。

 

冷たい飲み物

暑い時にはついつい冷たい飲み物が欲しくなるものですが、これが美容・健康にはちょっと注意が必要なんです。

最近ではコンビニにも常温の水が売っていたりしますよね、実は冷たい飲み物にはたくさんの悪影響があります。

まずは体温の低下により血行が悪化し、血管、筋肉の収縮を引き起こし内臓の動きを鈍くさせます

それによって栄養が体内に送られにくくなり薄毛やむくみなど様々な影響があります。

しかし脱水症状などの危険のある時は5~8度の水分(自販機等の冷たい物)が最も吸収が早いので

水分の補給には気を付けましょう。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です