美肌になるならクレンジング!

お手入れしていても乾燥やくすみ、毛穴の黒ずみなど肌トラブルに悩んでいませんか?

それはもしかしたらクレンジングできちんとメイクや汚れを落とせていないのかもしれません。

いくら高級な化粧品を使っていても、それをきれいに落とさないと、綺麗なメイクに仕上がらないし、肌トラブルの元になります。

今回は今一度クレンジングの正しい方法クレンジング料について調べてみました。


マイルドクレンジングオイル

クレンジングのNGなやり方

  • 水洗い

たとえナチュラルメイクだったとしても、かならずクレンジングで落としましょう。

皮脂や老廃物が肌に残り、肌荒れの原因になります。

 

  • 熱いお湯や強い水圧のシャワー

熱いお湯は乾燥の元です。

また、水圧の強いシャワーも肌に刺激になり負担になります。

 

  • ゴシゴシこする

汚れを落とそうと無理やりゴシゴシこすると、肌に刺激になり黒ずみの悪化になります。

 

クレンジング料って界面活性剤で出来てる!

基本的にクレンジング料は油と界面活性剤が原料になっています。

クレンジング料のタイプによってその割合が違い、メイクの落ち方や肌へのダメージ度が変わってきます。

 

最近のメイクは、カバー力、紫外線カット効果、崩れにくさ、密着感など機能が強化されたものが多く、油や界面活性剤を多く含んだクレンジング料でないと落とせなくなっています。

しかしながら、安価なクレンジング料の場合、石油系界面活性剤を使用していることも多く、肌への負担も気になります。

以前、薬局で購入したオイル系のクレンジング剤を久々に使おうと手に取ってみたら石油の臭いがして、ビックリしたことがありました。使い始めのときには香料で分からなかったのですが、保管している間に香料が抜けてしまったのでしょう。石油の臭いがする物を顔に塗る気にはなれませんでした・・・。

ですから、同じ界面活性剤だとしてもどんな原料を使っているのかもきちんとチェックが必要だと感じました。


クレンジング料 タイプ別比較

今は色々なタイプのクレンジング料が出ていますよね。

何気なく選んでいませんか?クレンジング料もタイプによって特徴がありますので、自分の肌の質やメイクに合わせて選んでみてください。

 

  • ミルクタイプ

水分の割合が多く、肌への負担は少なめ。優しい洗浄力。

  • ジェルタイプ

白濁したものは、クリームタイプに似て優しい仕上がりに。

透明なものは界面活性剤の割合が多く、肌への負担が大きい。

 

  • クリームタイプ

油分と界面活性剤のバランスが◎。肌への負担も比較的少ない。

 

  • オイルタイプ

最もメイククレンジング力が強い。肌への負担が大きく、乾燥しやすい。

 

  • リキッドタイプ

油分が少なく、界面活性剤の割合が多い。

 

  • ウォータータイプ

油分が少なく、界面活性剤の割合が多い。

コットンに含ませて使用するため、ふき取る際に刺激になる。

 

  • シートタイプ

界面活性剤の割合が多い。ふき取るタイプの為、摩擦の刺激が大きく、シミの原因になる。

 

  • 界面活性剤不使用のクレンジング料

肌への負担は少ないが、ふき取りを必要とするものが多く、その際に刺激になる。

一度で落ちないものもあり、手間がかかる。

 

まとめ

クレンジングで大切なことは、きちんと汚れを取り去ることです。

しかし、長い時間かけて洗うと必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥の原因になるので「素早く、丁寧に」がポイントです。

また、普段のナチュラルメイクには肌に優しいクレンジング料を使い、濃いメイクの日やアイメイクなどにはオイルタイプなど洗浄力の強い物を使うなど使い分けもいいのではないでしょうか。

 

マイルドクレンジングオイル

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です