梅雨入り前に対処!ダニの危険性

人が段々と活動的になるにつれて他の動物や植物も生き生きとしてくるこの季節。

実は私たちの生活に静かに近づく厄介なやつらも活動的になる季節なのです。

そいつの名は


【ダニ】です!

ダニのイメージはジメジメとした梅雨に活発なイメージがありますが、活動的になるのは実は春からこの季節なのです。
本格的に梅雨入りする前にダニ対策をしっかりやっておくことで梅雨という一番活発になる季節を迎えてもダニの活動を最小限に抑えていくのがとても大切だと思いますので今回はダニ対策を記事にしていきたいと思います。


ダニと肌荒れの関係

お風呂の後にしっかりと化粧水やクリームなどスキンケアに余念なし!
ですがじつはそれがダニの温床になっていることが!
良かれと思って付けた化粧水、クリームが枕や布団に付着しそれがダニのエサとなりダニの増殖、ダニのフンや死骸の増加などお肌には良くない環境になってしまうことがあります。

ダニアレルギーはもとより喘息や肌荒れなどの症状を引き起こす原因となります

解決策はこまめに枕カバーなどを取り換えるなど清潔な環境を整えることが肌にも健康にも良いですね。枕にタオルなど取り換えやすい物を引いておくのも一つの対策法です。



●ダニを退治する布団乾燥

それではダニを繁殖させないしっかりとした対策を講じたいところですね、それを防ぐには第一には天日干しをすることです。
しかし間違った天日干しは逆にダニを増殖させてしまうこともあるので注意が必要です。
ダニが繁殖しない天日干しをご紹介したいと思います。

・雨上がりには干さない

いくら干している時は天気が良くとも実は湿度の高いものです、また早朝や夜などは湿度の高いもの。
干したつもりでもまた湿度を吸い込んだ後取り込んでしまっては逆効果になってしまいます。
昼時に干し、また湿度の低い夕方前には取り込むことが効果的です。

clouds-429228_640.jpg
●両面を干す

意外に人の睡眠時の汗は大量なものです。その汗は布団の裏面まで浸透していきます。
また天日干ししていない側のダニは死なないといわれていますので寝ている側と裏面の両方干すようにしましょう。

 

●布団は叩かない!
古来から布団をたたくシーンはよく見てきました、天気の良い日パンパンと布団をたたく音。いかに布団がしっかり乾いて気持ちの良いお布団が想像されます。
しかし、布団たたきで布団をたたく行為はダニの死骸やフンを広げてしまう行為になります。
ですので、しっかり干した後、粗熱をとり掃除機をかけフンや死骸を吸引してしまうのが一番良い方法です。

●布団乾燥機を使う
ダニ対策にはとっても有効です。乾燥機をかけて、掃除機をかければなお効果的です。

 

●まとめ

いかがでしたでしょうか?肌にはもちろんお子さんのいる方や肌の弱い方などこの季節にしっかり対策をして梅雨に向けて酷くなる前にしっかり対策をしていきましょう。


Follow me!

梅雨入り前に対処!ダニの危険性” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です