菌活生活でやせる?!

を意識した食事を取り入れることで、美容と健康を維持する食生活を「菌活生活」「菌活習慣」と呼びます。

身近な食品から取り入れることができ、「菌活」を意識する人が急速に普及しています。

そんな菌活について記事にしてみました。


KOMBUCHA(コンブチャ)

菌活とは?

人の腸には、かなりの種類と数の腸内細菌がいるといわれています。

これらの無数の腸内細菌は、良い体内環境で上手にバランスをとれば、腸内環境を整え、身体を健康に美しくしてくれるのです。

 

主には、発酵菌と呼ばれる発酵食品やキノコなどから菌を取り入れることで

身体にいい菌を積極的に食生活に取り入れる活動を「菌活」と呼びます。


菌活がもたらしてくれる良いこととは?

  • 免疫力アップ

腸内にはおよそ1000兆個もの善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三種類の菌が存在しています。

そこには【縄張り】のようなものがあり、常に勢力争いが繰り広げられています。

善玉菌が増えれば、腸内環境を整え、悪玉菌を抑制し免疫力を高めることができるのです。

 

  • ダイエットになる

「菌」には食物の分解を促し、腸の消化や吸収を助ける働きがあります。

また、「菌」を取り入れることにより短鎖脂肪酸を作ります。なんと短鎖脂肪酸は食欲をおさえる効果があるのです。

キノコ類のキノコキトサンにも脂肪の吸収を抑えて排出を促す効果があります。

 

  • 便秘の解消

便秘は腸内の悪玉菌が増加することが原因の一つです。

善玉菌を増やすことで腸内環境を整え、便秘の解消につながります。

ツマリ、美容に菌活ライフを。
1粒に100億個の善玉菌!ドクターベジフルの【おそうじ酵母】

  • 美肌になる

「菌」は体内の酵素やホルモンに働きかけます。

女性ホルモンなどのホルモンの大部分はなんと腸内で作られているのです

善玉菌を増やし、腸内環境を整えることで女性ホルモンを増やすことにつながります。

発酵食品には抗酸化作用があり、お肌の老化を抑えます。腸内環境が整い、老廃物を排出し、吹き出物やニキビの改善になります。

菌活にはこの菌!

私たちの腸内にはなんと1000兆個もの菌がいると言われています。

そしてその種類は約1000種類もあります。

そんな中で体内でよく働き、体の調子を整えてくれる菌をご紹介します。
プレミアムスリムビオ

  • 菌類(きのこ)

キノコ類はキノコそのものが菌で菌を丸ごと食べられる食材です。

腸内の善玉菌の栄養になり、食物繊維が豊富です。

善玉菌と食物繊維の相乗効果で便秘や肌荒れに効果的です。

 

  • 乳酸菌

ブドウ糖から乳酸を作り出す能力を持つ細菌の総称を「乳酸菌」といいます。

動物の乳に生息する動物性乳酸菌と、植物性乳酸菌に大きく分けられます。

腸内に乳酸菌が増えることで、悪玉菌の増殖を抑え、腸内フローラのバランスを整えてくれます

動物性乳酸菌にはヨーグルトやチーズ、植物性乳酸菌はお漬物やキムチに含まれています。

 

  • 麹菌

麹菌とは、米や大豆などを煮たり、蒸したりしたときに繁殖する菌。ちなみに日本の「国菌」と言われています。なんとカビの一種です。

そして「麹」は穀類(でんぷん質)に麹菌を発酵させたものをいいます。

麹菌には色々な種類があります。

その代表的なものが味噌醬油や日本酒も麹菌が豊富です。

また、甘酒塩麹鰹節鰹節菌という麹菌の仲間の菌が含まれています。

甘酒の記事はこちら
高品質・大豆イソフラボンのイソラコン

  • 納豆菌

納豆菌は稲わらに住む枯草菌のことをいいます。

納豆菌を大豆に加えて発酵させたものが納豆です。

納豆菌は過酷な環境下でも生き延びる事が出来ます。

100℃で減菌すると多くの細菌が死滅しますが、納豆菌は死滅しません。また低温にも強くマイナス100℃でも死滅しません。

また、酸性やアルカリ性どちらにも強く、胃酸などに負けないため、生きて腸までたどり着くことができます

納豆菌の効果は、日本では300年も前から納豆に整腸作用があることを経験から知られていたそうです。

また血液をサラサラにしてくれるナットウキナーゼという成分を作り出してくれるという点も見逃せません。

納豆菌の記事はこちら

 

  • 酪酸菌

酪酸菌は、糖を分解して酪酸を作る菌で炭水化物を分解して多くの酪酸を生成します。

酪酸菌は乳酸菌と同じような効能があり、ダイエット効果が高い菌として近年注目を浴びています。

また酪酸菌は生きたまま腸まで届くのが特徴で、腸内を整えてくれます。

脂肪の蓄積を防ぎ、脂肪の燃焼効果がある「短鎖脂肪酸」が活躍するので定期的に摂ることで、瘦せ体質へ導きます。

酪酸菌の多く含まれる食品としてはぬか漬けがあります。

 

  • その他にも 酵母菌酢酸菌などが代表的です。

 

まとめ

色々な菌があることがわかりました。腸内環境を整えて、食事で「菌」を取り入れる菌活生活

続けるうえで重要なことは菌のエサになる食物繊維も一緒に体内に取り入れることです。

そして人によって菌との相性も異なりますので、色々な種類を試してみると良いです。

そして菌はおなかの中で居続けることはなく、体の外に排出されます。

ですから、一時的に摂取するのではなく、毎日少しづつ摂りいれることが大切です

身近な物から始めてみてはいかがですか?

おなかラボ

 

Follow me!

菌活生活でやせる?!” に対して 7 件のコメントがあります

  1. ピンバック: 食物繊維 | Life Imp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です