ゴールデンウィーク明けに注意!五月病って?

五月病とは

 

五月病とは4月から新社会人や新入生などの新生活が始まり、新しい環境変化した結果

  • 焦り、ストレスを感じる
  • 気分が落ち込む
  • 仕事や勉強に集中できない
  • 眠れない

などの症状が出ることを指して言います。この五月病はゴールデンウィーク明けが最もなりやすいという説を耳にしたので記事にしていきたいと思います。

五月病とは休息状態

皆さん、「双極性障害」という病気が最近注目されているのをご存知ですか?以前は躁うつ病と呼ばれていました。暗いうつ状態と明るい躁状態を繰り返す心の病気です。

 

5月病は双極性うつ病の可能性が高いと言われています。

例えば、企業人が大きなプロジェクトを不眠不休で仕上げた後にその開放感から双極性うつ病のような症状になることがあります。

睡眠時間が少なく、ストレスが過大にかかった状態で一種の躁状態となり、その状態から解放されるとうつ状態に落ち込むのです。

 

社会的には「頑張ってきた人」がその反動として患う「休息の状態」が双極性うつ病であり、その状態がいわゆる五月病なのです。

ではなぜゴールデンウィーク明けに五月病が多いのかというと、4月から新生活を頑張ってきた人たちが、GWの連休により自動的に休息状態になってしまうからなのです。

そのため、ゴールデンウィーク明けにその休息状態から抜け出せなくなり、五月病になってしまうのです。



五月病の対策・解消法

五月病になってしまったら、もしくは五月病になる前に対策と解消法をお伝えします。

 

  • ストレスをためない、発散する

まずはストレスをためないよう心がけることが大切です。ストレスを感じることがあってもため込まずに少しずつ発散していきましょう。

  • 音楽でリラックス

リラクゼーション用の音楽などを寝る前に聞けばとてもリラックスできます。副交感神経を優位にし、自律神経を整え、質のよい眠りが得られます

 

  • 運動で身体を動かす

適度に身体を動かすという事は精神にとってもとても良いことです。ランニングやウォーキングなど規則的に足を動かす運動は、心身の安定や心の安らぎを与えてくれるホルモン「セロトニン」が分泌されやすいと言われています。

 

  • コミュニケーションをとる

話すという事は意外にもストレス発散になります。人間は身体から何かを出すということは本能的なストレス発散行動です。涙を流したり、笑い声を出す、運動する。嫌なことがあった時などに、それを少しでも他人とのコミニケーションの中で緩和していくという方法も有効でしょう。

 

  • セロトニンを増やす食事をとる

牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品。豆腐、納豆、みそなどの大豆製品。魚やナッツ類などには、「幸せホルモン」である「セロトニン」を増やすのに欠かせない成分であるトリプトファンが多く含まれています。

  • ゴールデンウイーク中に生活リズムを崩しすぎない

先述にもありましたが、人の感覚は頑張りすぎると躁状態になり、急ブレーキを踏むような休みになるとうつ状態になります。連休に入ったことによって睡眠時間を長くとりすぎたり、生活リズムを崩しすぎてしまうと身体が休息状態になってしまいます。休みだからといって普段の生活から急変しすぎると返って普段の生活に戻った時に知らず知らずのうちに身体や心に負担をかけてしまうことになります。

 

まとめ

変化の多いこの時期には新しい環境に慣れるのは誰しも難しいと思いますが、ストレスを溜めないように自己防衛を意識や食事、趣味などの手助けを借りて乗り越えていきましょう。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です